四国は愛媛の八幡浜市最南端から地域情報を発信!
    from Ma-ana district,
    Yawatahama City,Ehime Prefecture.

    アオノリュウゼツラン 2本目のマストが伸びてきました

     “あじさいロード378”でアジサイの世話をされている方から、「新しいマストが伸びとるぞ!」との連絡をいただき、さっそく見に行ってみました

     きまぐれ真穴撮り歩き第18弾も“ アオノリュウゼツランのマスト”でも2本目

    リュウゼツラン1
     今あるマストの株元近くに、葉とは違うものが伸びているのがお解りでしょうか?
     もそっとちこう寄ってみますね。

    リュウゼツラン2
     こんな感じです。上からのパッと見では1.5mほどでしょうか、

    リュウゼツラン3
     横から見みると、隠れた株元からだともう少しありそうな。 
     心なしか、昨年のマストよりも太く見えるのは気のセイでしょうか。

    リュウゼツラン4
    リュウゼツラン5
    リュウゼツラン9-1
    リュウゼツラン10
     大株が数株ありますので、うまくいけば今年もマストが伸びるかも・・・と予想していましたが、まさかタケノコのオバケみたいにして伸びて来ようとは、想定外でした。組織がまだ柔らかいので、保護しながら伸びているんでしょうかね。

     1日に十数cmは伸びるらしいので、前回マストのレポートで訪れたのが10日前の5月1日。この時の写真には写っていませんでしたのでそれ以降に伸びたようです。ひょっとしてあの日、株の中心から顔を覗かせたところだったのかも知れませんネ。

     日本では30~50年(中には80年)経たないと花を咲かせない珍しいアオノリュウゼツラン。花が咲くだけでもニュースになるほどの珍現象が2年連続で見れるとは、とても貴重な体験ができそうです。

     聞くところによりマストますと、で松山方面から海岸線の国道378号線を走り、西予市ジオパークの須崎海岸へ訪れる道すがら、このアオノリュウゼツランを見物されていた方も居られたそうです。そして今年もまた驚きとともに、たくさんの方の目を楽しませてくれることでしょう
    関連記事
     カテゴリ:撮り歩き:自然②
     関連タグ:リュウゼツラン