四国は愛媛の八幡浜市最南端から地域情報を発信!
    from Ma-ana district,
    Yawatahama City,Ehime Prefecture.

    <2019座敷雛及び座敷雛資料展 開催のご案内>・・・・・・平成最後の座敷雛は、穴井で2軒です。お披露目は4月2日(火)と3日(水)、時間は午前9時から午後10時までです。       公民館では資料展を同時開催いたします。時間は午前9時から午後8時まで(3日は午後7時まで)、トイレ・休憩所としてもお気軽にお立ち寄りください。      また、館内では鯛めしやコーヒーも販売しており、そのまま会場でお召し上がりいただけます。       車椅子をご用意しています。ご希望の方はお近くの係員までお申し付けください。       駐車場(有料)は収容台数に限りがありますので、無料シャトルバス(みなっと・JR八幡浜駅前⇔穴井)・路線バス(有料)もご利用ください。  -END-

    「真穴の座敷雛」とは

    ※ミニ伝言板(座敷雛開催情報)のコーナーは廃止しました(2019.2.16)。

     八幡浜市指定無形民俗文化財『真穴の座敷雛』について、本編「座敷雛とは」と続編「座敷雛の歴史」「座敷雛資料展」の3部構成でご説明させていただきます。


    座敷雛とはごがいながです

     『ざしきびなって?』ご存知ない方は「座敷雛」という3文字からどんなイメージを抱かれるでしょうか。雛人形は一般に座敷に飾られることが多いですし…。

     実は真穴の座敷雛は「座敷」と「雛」の間に次のような文章が隠れています。
    【座敷 “ 一杯に盆栽や石や苔などの小道具を使って庭園や自然の風景を再現し、その中に内裏雛を中心に配置された ” 雛】
    …なんです。ややこしい説明の仕方ですみません、百聞?は一見にしかず、昨年平成25年の座敷雛(6軒)の写真をご覧ください。

    【山里の春】河野家(穴井)
    201402041405266b5-1.jpg
    2013040215461-3.jpg 2014020414052872a-2.jpg

    【和みの春】阿部家(真網代)
    20140204193941db6-1.jpg
    201402041939434b1-2.jpg 20140204193938b85-3.jpg

    【美歓の里】阿部家(真網代) 
    20140204194150bd0-1.jpg
    20140204194153f8b-2.jpg 20140204194148b66-3.jpg

    【名峰喜春】吉川家(真網代)
    201402072106377f9-1.jpg
    20140204194405cc6-2.jpg 20140204195107c03-3.jpg

    【雛の里】上杉家(真網代)
    20140204140634899-1.jpg
    201402041406378b0-2.jpg 201402041406322de-3.jpg

    【箱根路】古能家(小網代)  
    20140204194714d74-1.jpg
    20140204194716549-2.jpg 20140204194711366-3.jpg

     どがいですか、真穴の座敷雛はこがいながです。あばけんでしょう。
      (訳:いかがですか、真穴の座敷雛はこんな感じです。すごいでしょう。)

    ▶もくじ

    座敷雛を建てる

     女の子の初節句を祝うひな祭りですが、特徴的なのは跡継ぎの家に長女が生まれたときだけ行うことです。当家の親類縁者、友人、近所の人たちが家具一式を運び出し、襖や畳を取り払い、何もなくなったところに、棟梁(とうりょう)と呼ばれる総指揮者の下、テーマと構想に沿って、壁や天井に幕を張り、みかんの木箱などで土台を築き、借りてきた盆栽や岩などを並べ、庭園や自然の風景を表現していきます。また、桜の花や蕾は親戚や近所のご婦人たちが、早い時期から1個ずつ手造りをして準備しています。

    201503301813468fa-1.jpg 20150330181627ccf-2.jpg 20150330181347177-3.jpg
    <平成27年3月、資料写真追加>

     のべ100人前後で約1週間かけて座敷雛を建てます(地元では「建てる」と言います)。お互いに助け合う「結(ゆい)」の精神が根付いている地域だからこそ、かくも200年以上続いていると言えるのかも知れません。

    ▶もくじ

    お披露目は4月2日と3日

     全国的には新暦3月3日の桃の節句に行われますが、真穴では4月2日と3日に開催されます。まさに、桃の花や桜の花が見頃を迎える季節です。戦前までは旧暦の3月3日に行われていましたが、現在は旧暦3月3日にほど近い、月遅れの4月2日と3日の2日間のみ公開(午前9時~午後10時)されます。

     そして「ひなあらし(雛荒らし)」といって4日の早朝からもう取り壊しが始まります。長く飾っていると娘の嫁入りが遅れるとの理由からで、これは全国共通のようですね。それでもあまりの豪華さから観光客の方からは「2日間ではもったいない」との声を頂戴しますが、こればっかりは…ネ。現在では多いときで、2日間で2万人規模の方が訪れる春の一大イベントとなっています。

     ※ご当家のご厚意により一般公開されています。ご観覧の際は十分なご配慮をお願いいたします。

    ▶もくじ

    地元では“ひなさま”

     真穴の座敷雛という言葉はすっかり定着してきましたが、これは昭和30年代からのマスコミによる造語です。対外的には使っていますが、地元では“ひなさま”という呼び名が今でも一般的です。お彼岸が明けたあたりから準備が本格化してきますので、ここ真穴地区ではこの“ひなさま建て”の時期がやってくると春の訪れを感じ始めるのです。

     ※参考:「真穴の座敷雛関係資料集 平成24年版」 =真穴座敷雛保存会・研究会編集=

    ▶もくじ

     次回は座敷雛の歴史についてです。

     姉妹記事:真穴の座敷雛を10倍楽しく見る方法!

     ⇒ 真穴へのアクセス
    関連記事
    座敷雛
    座敷雛トリセツ指定文化財