四国は愛媛の八幡浜市最南端から地域情報を発信!
    from Ma-ana district,
    Yawatahama City,Ehime Prefecture.

    地引き網交流会2016

    7月9日(土)、穴井の灘の浜で地引き網交流会(主催:真穴の子どもを育てる会)が開催されました

    午前9時現在の気象情報、
    天候小雨、気温24.5℃、湿度96%、南東の風1m/s、波いたって静か。

    じびき1
    例年は真網代の源蔵前で実施していますが、今年は愛媛いやしの南予博イベントとして5月3日に網を引いたばかりでしたので、灘の浜での開催となりました。網入れは地域文化振興協議会・北針(きたばり)さんです。

    じびき2 じびき3
    今年は双岩小学校・双岩地区公民館さん、川上小学校・川上地区公民館さんの皆さんが招待されました。開会式及び子どもたちの力強い選手宣誓のあと、

    じびき4
    いよいよ地引き網の開始です。雨はいつの間にか上がりました

    じびき5 じびき6
    引き手は二手に分かれ、「オーエス、オーエス」の掛け声が灘の浜に響きます。

    じびき7
    じびき8 じびき10
    引き始めて約20分後、先端の袋網が近づいてきましたよ。入ってますかね・・・

    じびき11 じびき12
    じびき13 じびき14
    お、立派なカワハギですね。こちらはタイの赤ちゃんですか

    じびき15 じびき16
    漁礁のバベ(ウバメガシ)の枝にはモイカが卵をビッシリ産み付けていました。
    おっとっと、お腹がすいたのかと思ったら撮影用のポーズでしたか、安心しました

    じびき17
    エイにフグ、エソ、モイカ、小ダイに小アジにグジロ(ベラ)にスジヒキ(キュウセン)。キンギョ(ネンブツダイ)、コノシロ、ウミタナゴ、大きめのウマヅラハゲ、メバルやキスも獲れました。魚種が豊富です。

    じびき18 じびき19
    穴井区長さんによる獲れたお魚の説明と、先生によるお魚○×クイズが出題され、みんなで楽しく学びました

    復習用にこっそりブログに載せておきますので、間違えた人もハナタカさんになって自慢してくださいネ(出題:真穴中学校)

    イカは敵の目をくらませるためにスミを吐く
    正解×
    スミを吐いて自分の分身を作って騙すのが目的で、そのスキに逃げるのです。

    鯛は人間と同じようにマバタキができる
    正解×
    鯛にはマブタがありません。(わずかですがマブタのある魚も居るのだとか)

    ウロコは体温を保つためについている
    正解×
    魚は変温動物ですので体温を自分で調節します。ウロコは敵から身を守るためです。

    海に住む魚は眠る魚もいる
    正解○
    魚も寝ないと生きて行けません。ある種の魚は自分で粘膜を出して身を守りながら眠る知恵ものも。マグロだって泳ぎながら頭はちゃんと寝ています。

    じびき21 じびき22
    八幡浜市教育長さんとのジャンケン大会で、勝者12人が「大物賞」をゲット

    じびき23 じびき24
    無事に終わったところでウミネコ共々バンザイ三唱と、海に向かって「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えて、地引き網交流会は無事お開きとなりました

    関連記事
    地引き網交流会