四国は愛媛の八幡浜市最南端から地域情報を発信!
    from Ma-ana district,
    Yawatahama City,Ehime Prefecture.

    “ひまわり”の雛祭り 南予博2016参加企画

     えひめいやしの南予博2016に参加中の真穴の座敷雛です。ひきつづき「あんな・こんな・真穴の座敷雛」資料展を5月29日まで開催中ですので、ぜひ足をお運びくださいませ。地区内外を問わず、どなたでも自由にご覧いただけますヨ

    ざしきびな1 ざしきびな2
     会場は、想い出の里ひまわり(旧穴井保育所)です。国道378号(八幡浜~三瓶線)沿いの、真穴地区公民館から南へ400mのところにあります。敷地内にもありますので、お車でのご来場もです。開催期間は、4月9日~5月29日までの、土・日・祝日の午前10時~午後4時までです。入場および駐車料金ともに無料です。

    ざしきびな3 ざしきびな4
     さっそく中へ入ってみましょう

    ざしきびな5 ざしきびな7
     今年、初節句をお祝いしたご両家の座敷雛の写真や、本チャンの資料展にはなかった「穴井歌舞伎」の衣装が今回は展示されていました。座敷雛誕生の“ルーツ”を探ることができます。

    ざしきびな11 ざしきびな12
     『ゆっくり見れるけん、雛さまや真穴の歴史もようわからい』と、地元の皆さんにも好評のようです

    ざしきびな6
     ひきつづき「古民具」も展示されていました。障子をバックにすると、一段と味わい深いモノがありますネこの障子の向こうには『資料展座敷雛』が建っています。

    ひまわり1
    ひまわり2 ひまわり3
    ひまわり4 ひまわり5
     棟梁さんのアドバイスを受けて、真穴座敷雛保存会の有志の皆さんが建てました。

     この施設は元々穴井保育所だったところで、平成25年に閉所になりました。今年、新生の施設として住民の皆さんに名称を募り、3月20日の穴井区の春の総会で発表されました。命名“想い出の里ひまわり“。今回の資料展座敷雛は、平成28年3月20日生まれの“ひまわりの雛祭り”とでも呼ぶことにしましょう…。真穴らしく、海辺の情景がうまく表現されていますヨ、ぜひご覧に来てくださいネ 嫁入りが遅れる…といった心配もありませんので、5月29日まで展示されますから。

    ざしきびな9 ざしきびな8
     良い香りがすると思ったら、隣の部屋にはカフェがオープンしていました。コーヒーを飲みながらユッタリとくつろげます。窓越しに、全長約50kmの日本一細長い半島「佐田岬さだみさき半島」を望みながら、

    ざしきびな10
     手前に浮かぶ小島「蕪島かぶしま(左が沖蕪島・右が岡蕪島)」を絶好の角度から眺めることができますヨ。おいしいコーヒーは、消費税と宇和海の絶景込みで150円でした

     『あんな・こんな・真穴の座敷雛』では、各種イベントの参加を募集しています。
     詳しくはこちら「南予博2016 イベントのご案内」(PDF)をご覧ください。

     もういっぺん、資料展座敷雛と蕪島を見に行ってきますけん、これにて
    関連記事
    座敷雛資料展