四国は愛媛の八幡浜市最南端から地域情報を発信!
    from Ma-ana district,
    Yawatahama City,Ehime Prefecture.

    フラワーアレンジメント教室 「お正月を生ける!」

     12月28日、本年最後の行事「フラワーアレンジメント教室」が行われました

    アレンジ1
     大洲市の池田先生による年2回開催している教室で、今回は『お正月用』です。
     
    アレンジ2
     今回使う素材は、年神様が宿るといわれ不老長寿の象徴でもある松、新春一番に咲くめでたい兆しのある梅、風になびいて折れない負けない柳、清らかな白い丸みのあるピンポンマム、同じ菊科で長寿の花とされるピンクの小菊、赤い実がたくさんなってめでたい千両、幸せの黄色い花を付けたオンシジウム、グランドカバーの薩摩杉、です。

    アレンジ3 アレンジ4
    アレンジ5 アレンジ6
     「アレンジメント」という言葉には整理整頓の意味があるそうです。素材をそのまま挿すのではなく、必ず葉を落としたり花数を整えながら挿します・・・という注意事項を守りながら位置や高さ、バランスなどを見ながら順に挿していきます。

    アレンジ7
     ときおり差し込む柔らかな日差しで、銀色にコーティングされた柳の枝が眩しい光を放ちます。銀色の光なのにとても暖かく感じたのは私だけでせうか・・・。

    アレンジ8 アレンジ9
     最後に水引。汚れのない心のこもった贈り物を意味するそうで、既に聖徳太子の時代からあったそうです。今回は色の濃い金色を2回巻いて、外側に薄い銀色を1回巻きました。これは太陽、初日の出をイメージしているそうです。色の濃い方が右側に来るように刺して・・・

    アレンジ10
    アレンジ11 アレンジ12
     完成で~っす  早く来い来いお正月

     みなさん“才能アリ”で“びっくりぽんや!”。同じ素材を使って、同じ指導を受けても三者三様、十人十色。「みんなちがって、みんないい。」(どこかで聞いた言葉…) 今年は暖冬の影響で既に梅の花がちらほら咲いていて、甘い香りがほんのり漂う中でのフラワーアレンジメント教室でありました

     拙ブログにご訪問いただいた皆様、良いお年をお迎えください。
     今年1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします
    関連記事
    フラワーアレンジメント