真穴地区公民館ブログ

    四国は愛媛の八幡浜市最南端から地域情報を発信!
    from Ma-ana district,
    Yawatahama City,Ehime Prefecture.

    アオノリュウゼツラン ③ ツインタワーが開花

     7月19日、四国は例年及び昨年より1日遅く梅雨明けしました。真穴地区も連日の猛暑続きです。22日午後2時現在、手元の温度計で32.5℃…暑いにもホドがあります。さて、散歩している人から「リュウゼツラン咲きよるで~」との情報を得て、頃時鼻(通称ウドノハナ)へ行ってきました

    りゅう1new
    りゅう2new りゅう3new
     前回の蕾レポートから4週間が経過し、現在はマスト(花茎)の中段まで開花が進んでいました。

    りゅう4new りゅう5new
    りゅう6new りゅう8new
     下段から咲き進みます。

    りゅう14new
     「いつ咲くの?」「どれが花ですか?」と聞かれることがありますが、普通の花と違い目立つような美しい花弁ではありません。原産地メキシコではオオコウモリが花粉媒介者(ポリネーター)だそうですので、目立たたせて鳥や昆虫を誘い込む必要がないからでしょう。蕾が開いて最初に出てくる黄色い葯(やく:花粉を入れる袋状の器官)を持つ雄しべが見えた瞬間、今がまさに開花しているところです。

    りゅう13new
     下段ではすでに雄しべが枯れ始め、変わって先端に柱頭(ちゅうとう:花粉を受け取る器官)を持つ棒状の雌しべの方が目立ってきました。タイミングをずらして自家受粉を避けようとする植物の知恵です。 

    りゅう15new
     日本では30~50年(中には80年)かかってやっと花を咲かせ、その一生を終えるアオノリュウゼツラン。今回で3年目4本のリュウゼツランの開花を見届けることができました。秋にはキウイフルーツに似た形をした実を数個付けます


     スライドショーにしてみました
      画面をクリックするとYouTubeサイトに移動します
    アオノリュウゼツラン

    関連記事