真穴地区公民館ブログ

    四国は愛媛の八幡浜市最南端から地域情報を発信!
    from Ma-ana district,
    Yawatahama City,Ehime Prefecture.

    真穴ってどこにあるの?

     真穴地区は四国・愛媛県の南西部に位置する八幡浜(やわたはま)市にあります。八幡浜市は松山市と宇和島市の中間にあり、やや宇和島市寄りに位置します。全長約50kmの日本一細長い半島・佐田岬(さだみさき)半島の付け根にあるのが八幡浜市です。宇和海と豊後(ぶんご)水道を挟んで向かいは九州・大分県、八幡浜港からはフェリーが一日20往復運航し、「四国の西の玄関口」と呼ばれています。

     下の地図の左上にある「+」アイコンを3回クリックして頂きますと、市内からずんずん南下して行き “真網代(まあじろ)” “穴井(あない)”という地名が見えてきます。

     でも真穴という地名は出てきませんね、そうなんです、真網代と穴井の頭文字をとってこの地域を真穴(まあな)地区と呼んでいるんです。地名でいうと北から順に、大釜(おおがま)、真網代、小網代(こあじろ)、波切(なきり)、穴井という、八幡浜市海岸線最南端の五つの集落から成ります。およそ500世帯、人口は1300人足らずです。

     市内中心部から14km、車だとリアス式海岸特有のクネクネと曲がった国道378号をこれでもかと南下すること約20~30分、そこが真穴地区です。喫茶店も本屋も無い、信号機なんか一つも無い、ファミレスなんてとんでもない、あるのはただ、青い空と青い海、澄んだ空気と温かい人の心だけ・・・なんちゃって。

     こんなウルトラ・スーパー・ミラクル・ド・イナカですが、知る人ぞ知る高級ブランドみかん真穴みかんの産地ですし、座敷雛といって200年余りの伝統を受け継ぐ一風変わった、他に類を見ない絢爛豪華なひな祭りもあるんです。

     当ブログでは、あんな・こんな・まあなの伝統行事やイベントなど、盛りだくさんの内容でお届けしていこうと思っています

     交通アクセス

    路線バス
    ◎宇和島バス(宇和島自動車株式会社) 
    JR八幡浜駅前からだと
    「大 釜」(大釜停留所)まで22分
    「真網代」(真網代停留所)まで27分
    「小網代」(小網代停留所)まで29分
    「波 切」(波切停留所)まで32分
    「穴 井」(穴井停留所)まで33分 

    時刻表(往路)時刻表(復路)  路線図  
     ※平成27年3月現在    
    路線図(左上グリーン)で、出発地・到着地を入力すると運賃と時刻表が見れます。
    JR八幡浜駅舎を出て左(西側)から二つ目のバスターミナルに発着します(下図参照)。
    海岸線廻り「上泊・穴井」行きにご乗車ください。
    八幡浜港・八幡浜みなっとからお越しの方は「八幡浜営業所」でお乗り換えとなります。
    座敷雛開催日・盆踊り当日は穴井停留所の場所が変わります。

    タクシー
    ◎各社
    JR八幡浜駅舎を出てすぐのタクシー乗り場

    ※八幡浜へのアクセスは、こちら八幡浜市HPよりご確認ください。

    【JR八幡浜駅前参考地図】 
    ※左から二つ目の(緑色のターミナルにある)バス停です。


    関連記事